よりよい仕上がりのために

目元

全体のバランスが大切

メイクにおいてベースとなるのが文字通りベースメイクと呼ばれるファンデや下地ですが、顔の印象を左右するのが眉や目、頬などのポイントメイクです。メイクはベースメイクとポイントメイクを重ねて完成するものですが、ポイントメイクをする際には全体的なバランスを考えることが必要になります。目も眉も頬も唇も全力でメイクしたいところですが、一つ一つのパーツをあまりに念入りにメイクすると全部が主張しすぎバランスが悪くなることがあります。どこにポイントを置くか決めてメイクするとバランスがとれるのでおすすめです。

自分の顔をよく知って

ポイントメイクをより自分らしくメイクに生かすには自分の顔の特徴をよく知ることが大切です。たとえば、顔の形や目の形、唇の形や髪型など、それぞれ人によって特徴が違い、似合うメイクも変わってきます。より自分の顔に似合う色味のアイシャドウやリップを選ぶ、なりたいイメージのアイラインの引き方を選ぶなど、自分の顔の雰囲気を知りそれに対応することが大切です。せっかくのメイクですから、自分の顔がより魅力的に見えるようなポイントメイクをしましょう。

少しずつ取り入れましょう

季節ごとにメイクも流行が変わりますが、最新のメイクを取り入れるときにはやはりポイントメイクの一部から取り入れるのがおすすめです。眉やリップ、アイメイクなど、それぞれすべてに流行を取り入れたい方もいらっしゃるかもしれませんが、全部を取り入れると場合によってはすごくチグハグな仕上がりになってしまうこともあります。流行の中でも、自分の顔の雰囲気やファッションの雰囲気に合ったものを見つけて少しずつポイントメイクで取り入れてみるとよいでしょう。